バイオエタノールの
トータルソリューションの提案です

バイオ燃料

現在、世界的にバイオエタノールなどのバイオ燃料の研究開発が盛んになっています。石油などの化石燃料に頼ることが将来的に難しく、二酸化炭素による地球温暖化も非常に深刻な問題になっています。このような状況の中で、バイオマスを利用するバイオエタノールは、燃料電池や水素蓄電池などと比べて、実用化のハードルも低く、また既存のガソリンに添加することで段階的にエタノールに移行できるため、すでに普及している国もあります。バイオエタノールは燃焼時に放出されるCO2が、もともと植物が光合成により取り込んだもので、大気中のCO2総量に影響を与えない為、カーボンニュートラルな燃料として、地球温暖化対策に有効なエネルギー源として注目されています。植物由来の再生可能資源であるソフトバイオマスからからエタノールを製造する技術は、環境にやさしい技術と言えます。
まだ実用化に向けて、高効率前処理や高効率醗酵など低コスト化の課題があります。ベックマン・コールターは、バイオエタノールなどのバイオ燃料の研究開発、品質管理の面でトータルサポートします。