MultisizerとコールターカウンターZシリーズの違い

機種名 Coulter Multisizer Coulter Counter Z2 Coulter Counter Z1
測定原理 電気的検知帯法
(コールター原理)
電気的検知帯法
(コールター原理)
電気的検知帯法
(コールター原理)
測定範囲 0.4~1600 (μm) 1~120 (μm) 1~120 (μm)
粒度分布分解能 4~400粒径分割(アパチャーの2-60%に対して、さらに、任意選択した範囲に対して上記の分割が可能) 64,128,256粒径分割
(アパチャーの2-60%に対して)
不可
一度で測定可能な
測定範囲
アパチャー径に対して2-60%直径比で 30:1 アパチャー径に対して
2-60% の中の直径比で
3:1
アパチャー径に対して2-60%の中の設定値以上の粒子数をカウント
測定項目 粒子径(細胞)径、
粒子径分布、粒子数/mL
粒子径(細胞)径、粒子径分布、粒子数/mL 粒子数/mL
統計計算 平均径、中位径、最頻径、%径、SD、CV、<%、>%、<μm、>μm 平均径、中位径、最頻径、%径、SD、CV、 なし
アパチャー
種類
20,30,50,70,100,140,200,
280,560,1000,2000μm
50,70,100,140,200μm 50,70,100,140,200μm
測定ビーカーサイズ 25mL、100mL、200mL、400mL(100、200、400mLは粒子の沈殿防止構造ビーカー) 25mL、200mL 25mL、200mL
スターラー 内蔵 なし なし
保存データ パルスデータを保存可能、パルスデータによる再解析が可能 設定分割におけるデータとしてのみ保存 プリンタ印刷のみ
使用可能な分散媒 水(食塩水)、アルコール系、塩を溶解可能な一部有機溶媒 水(生理食塩水) 水(生理食塩水)
操作 ソフト上で操作(コマンド選択するだけ) 付属キーボードで操作 付属キーボードで操作
粒子(細胞)数の定量測定 可能(個/mL) 可能(個/mL) 可能(個/mL)
主な対象サンプル 体細胞、血球、バクテリア、脂肪細胞、プランクトン、培養細胞、大型細胞、珪藻類、汚泥、ビーズ、エマルジョン、工業製品など、 体細胞、血球、培養細胞など、 体細胞、血球、培養細胞など、
外形寸法 640(W)×610(D)×510(H)mm (本体とサンプルスタンドが一体化) 本体:270(W)×360(D)×460(H) 本体:270(W)×360(D)×460(H)
価格 ¥8,800,000 ¥2,980,000 ¥1,690,000