高機能・ハイスループット・低コスト

SPRIテクノロジー(Solid Phase Reversible Immobilization:可逆的固定法)は、マサチューセッツ工科大学(MIT)ホワイトヘッド研究所で開発された常磁性微小ビーズを用いた核酸精製テクノロジーです。
核酸サイズにより選択的に核酸を回収することが可能な独自の機能により、目的に合わせた最適な核酸を回収することが可能です。
さらに多サンプルの処理を低コストで行えるようにデザインされており、高機能・ハイスループット・低コストでのDNA/RNAの精製・抽出を実現します。