GenFind V3は、SPRI磁性ビーズによる血液(全血、血漿、血清)からのゲノムDNA抽出キットです。EDTA、クエン酸塩、ヘパリンなどの抗凝固剤条件下や凍結させた血液からでも、PCRや次世代シーケンスで良好な結果を得られる高精製度のゲノムDNAを高収量で得られます。2 mLマイクロチューブ(最大400 μLの検体量)、96ウェルプレート(最大200 μLの検体量)の両方で抽出を行うことができ、96ウェルプレートではBiomekシリーズで抽出自動化することもできます。

※ 血液からのRNAの抽出には、RNAdvence Bloodをご使用下さい。
※ PAXgene DNA保存血液、FTAカード保存血液(ろ紙血)、細菌、ムコイド型細菌、糸状菌類、洗口液からのDNA抽出にも対応しています。詳しくは下部のアプリケーションノートの項をご参照下さい。

OrageneはDNA Genotek Inc.の、PAXgeneはPreAnalytiX GmbHの登録商標です。

Agencourt GenFind V3

特長

  • 高収量:血液400 μLから、最大12 μgの収量
  • 高精製度:タンパク質、低分子化合物ともに低混入
  • 高精製度:PCR阻害物質を除去精製
  • 高完全性:DIN 9以上の分解の少ないDNA
  • 簡便な実験:カラム式より短時間、少ないピペッティング回数
  • 自動化:Biomekでの自動化に完全対応

高収率:血液400 μLから、最大12 μgの収量

 

Figure 1.(左)各社抽出キットによる各抗凝固剤を含む全血からのDNA収量の比較
GenFind V3と他社キット製品を使用して、抗凝固剤としてEDTA、クエン酸塩、またはヘパリンを添加した全血200 µLからDNA抽出を行いました。各実験は、非凍結血液と凍結血液の両方で行いました。 DNA定量は、Quant-iT DNA assay kit, Picogreen, NanoDrop (Thermo Fisher Scientific) を使用しました。GenFind V3は、抗凝固剤の影響を受けづらいことがわかります。

Figure 2.(右)GenFind V3による全血200 μLと400 μLからのDNA収量の比較
GenFind V3を使用して、抗凝固剤としてEDTAを添加した非凍結の全血200 µLからDNA抽出を行いました。DNA定量は、NanoDrop (Thermo Fisher Scientific) を使用しました。全血400 μLからDNA 12 μgが抽出できました。

高精製度:タンパク質、低分子化合物ともに低混入

 

Figure 3.(左)各抗凝固剤を含む全血から抽出したDNAの精製度(タンパク質混入)比較
GenFind V3を使用して、抗凝固剤としてEDTA、クエン酸塩、またはヘパリンを添加した全血200 µLからDNA抽出を行いました。各実験は、非凍結血液と凍結血液の両方で行いました。  DNAへのタンパク質の混入を指標とした精製度は、NanoDrop (Thermo Fisher Scientific) によりA260/A280比の算出により評価を行いました。各条件で高いA260/A280比を得ており、タンパク質の混入は少なくなっています。

Figure 4.(右)各社抽出キットによる各抗凝固剤を含む全血から抽出したDNAの精製度(低分子化合物混入)比較
各社キット製品を使用して、抗凝固剤としてEDTA、クエン酸塩、またはヘパリンを添加した全血200 µLからDNA抽出を行いました。各実験は、非凍結血液と凍結血液の両方で行いました。 DNAへの低分子化合物の混入を指標とした精製度は、NanoDrop (Thermo Fisher Scientific) によりA260/A230比の算出により評価を行いました。GenFind V3は各条件で、他社キットより高いA260/A230比を得ており、低分子化合物の混入は少なくなっています。

高精製度:PCR阻害物質を除去精製

 

Figure 5.(左)各抗凝固剤を含む全血から抽出したDNAを鋳型としたPCR増幅
GenFind V3を使用して、抗凝固剤としてヘパリン、EDTA、クエン酸塩を添加した非凍結の全血からDNA抽出を行い、そのDNAを鋳型としてqPCRを行いました。β-アクチン遺伝子(ActB)のエクソン4と5にまたがるように設計されたプライマーセット (Forward: 5'-ggacttcgagcaagagatgg-3', Reverse: 5'-agcactgtgttggcgtacag-3') を用いて327 bpのアンプリコンを得ました。いずれの条件でも、PCRに阻害は見られませんでした。

Figure 6.(右)クエン酸塩を含む全血から抽出したDNAを鋳型としたPCR増幅
GenFind V3とGenFind V2を使用して、クエン酸塩を添加した凍結した全血からDNA抽出を行い、そのDNAを鋳型としてFigure 5と同じ条件でqPCRを行いました。GenFind V3のほうがV2より、良好な増幅を示しました。

高完全性:DIN 9以上の分解の少ないDNA

 

Figure 7.(左)各抗凝固剤を含む全血から抽出したDNAの完全性(DNAの分解程度)比較
GenFind V3、GenFind V2、他社抽出キットを使用して、抗凝固剤としてヘパリン、EDTA、クエン酸塩を添加した全血からDNA抽出を行いました。DNAの完全性の評価には、Agilent Genomic DNA ScreenTape を使用しました。(右)クエン酸塩添加の全血を、GenFind V3で抽出したDNA(DIN 9.7)の泳動チャート。GenFindシリーズは各条件でDIN 9以上を示し、他社抽出キットよりも分解の少ないDNAの抽出が可能であることを示します。

簡便な実験:カラム式より短時間、少ないピペッティング回数

Figure 8. GenFind V3のDNA抽出ワークフロー
1. Lysis BufferとProteinase Kで血液を溶解
2. Bind Buffer(磁性ビーズ)にDNAを結合
3. 磁性ビーズを磁石に結合させ上清を除去
4. Wash Buffer 1で磁性ビーズを洗浄
5. Wash Buffer 2で磁性ビーズを洗浄
6. 溶出液で磁性ビーズから精製DNAを溶出
7. 精製DNAを回収

 

Figure 9.(左)GenFind V3と他社カラムキットのDNA抽出実験時間の比較
GenFind V3と他社カラムキットとの1~96サンプルのDNA抽出実験時間(ハンズオンタイム)を比較しました。12サンプル以上の場合で、GenFind V3のほうがハンズオンタイムが短くなります。

Figure 10.(右)GenFind V3と他社カラムキットのピペッティング回数の比較
GenFind V3と他社カラムキットとの1~96サンプルのDNA抽出に要するピペッティング回数を比較しました。24サンプル以上の場合で、GenFind V3のほうがピペッティング回数が少なくなります。

自動化:Biomekでの自動化に完全対応

  

Table 1. GenFind V2の手動抽出とBiomek i-Series自動抽出との実験時間の比較
GenFind V3についても、GenFind V2の所要時間とほぼ同様となります。GenFindシリーズは、自動分注機Biomek i-Seriesでの自動抽出に最適化されています。

仕様

内容構成

  • Lysis Buffer
  • Bind Buffer
  • Wash Buffer 1
  • Wash Buffer 2
  • Proteinase K
  • Proteinase K Buffer(GenFind V2のみ)

マニュアル・SDSなど

アプリケーションノート(GenFind V3)

アプリケーションノート(GenFind V2)

Order Information

製品名 サイズ 製品番号 価格(税別)
Agencourt GenFind V3
25 Preps (400 μL系)
50 Preps (200 μL系)
C34880 ¥28,000
192 Preps (400 μL系)
384 Preps (200 μL系)
C34881 ¥150,000
Agencourt GenFind V2
50 Preps (400 μL系)
100 Preps (200 μL系)
A41499 販売終了
192 Preps (400 μL系)
384 Preps (200 μL系)
A41497 ¥120,000
2400 Preps (400 μL系)
4800 Preps (200 μL系)
A83078 ¥1,360,000

マグネットアクセサリ

使用時に必要です。

関連情報