FormaPure XL DNAは、SPRI磁性ビーズによるFFPE(Formalin Fixed Paraffin Embedded:ホルマリン固定パラフィン包埋)組織からのDNA抽出キットです。FormaPure XL DNAは、Lysis工程の改良により10 μm切片7枚まで抽出することが可能です。Biomekシリーズで抽出自動化することもでき、試薬キットと自動分注機をベックマン・コールター製品に揃えることにより、より充実した技術サポートを受けることもできます。

※ DNA/RNA抽出用のFormaPure XL Total、RNAのみ抽出用のFormaPure XL RNAも用意しております。
※ パラフィン非包埋ホルマリン固定(FF)サンプルからのDNA抽出にも対応しています。詳しくは下部のアプリケーションノートの項をご参照下さい。

Agencourt FormaPure Total

特長

  • 高品質:次世代シーケンスに求められる品質に適合するDNA
  • 高収量:さまざまなFFPE組織からDNAを収量よく抽出
  • 簡便な実験:SPRI磁性ビーズによるDNA抽出ワークフロー
  • 自動化:Biomekでの自動化に完全対応

高品質:次世代シーケンスに求められる品質に適合するDNA


Table 1. FormaPure XL DNAで抽出したDNAで次世代シーケンスを行った際の、低頻度バリアントの検出例
FormaPure XL DNAで抽出したDNAをサンプルとして次世代シーケンス解析を行った結果、低頻度バリアント(変異)も安定して検出可能であることがわかります。FormaPure XL DNAは、FFPE組織からのDNA抽出時にバイアスがかかりづらい特徴があり、次世代シーケンスのDNAサンプル調製に適していることを示します。

高収量:さまざまなFFPE組織からDNAを収量よく抽出

Table 2. さまざまな保存年数およびがん由来の10 μm FFPE組織切片からのDNA収量
DNA定量は、PicoGreen蛍光測定により行いました。FormaPure XL DNAは、乳がん、肝細胞がん、肺がん、胃がん、結腸がん由来の長期保存FFPE組織からでも、高収量でDNAを抽出可能であることを示します。

簡便な実験:SPRI磁性ビーズによるDNA抽出ワークフロー

Figure 1. FormaPure XL DNAの抽出ワークフロー
1. Mineral Oilを加え加熱し、パラフィンを溶解
2. Lysis、Proteinase Kを加え組織消化
3. 加熱し脱クロスリンク
4. RNase A処理
5. Bindを加え、DNAをSPRI磁性ビーズに結合
6. エタノールで洗浄
7. Washで洗浄
8. エタノールで洗浄
9. 溶出

自動化:Biomekでの自動化に完全対応

  

Table 3. FormaPure XL DNAの手動抽出とBiomek i-Series自動抽出との実験時間の比較
FormaPure XL DNAは、自動分注機Biomek i-Seriesでの自動抽出に最適化されています。NR:推奨しない実験パターン

導入事例

無償サンプル品お申し込みフォーム

無償サンプル品提供をご希望のお客様は、こちらからお申し込みください。
マグネットアクセサリは、お客様でご準備ください。

仕様

内容構成

  • Mineral Oil
  • Lysis LBD (FormaPure XL DNAの場合)
  • Lysis LBA (FormaPure DNAの場合) 
  • Bind BBA
  • Wash WBA
  • RNase A
  • Proteinase K

マニュアル・SDSなど

アプリケーションノート

Order Information

製品名 サイズ 製品番号 価格(税別)
Agencourt FormaPure XL DNA
(10 μm FFPE組織切片7枚までの抽出に対応)
50 Preps C35996 ¥40,000
96 Preps C35997 ¥67,200
Agencourt FormaPure DNA
(10 μm FFPE組織切片3枚までの抽出に対応)
50 Preps B89230 ¥40,000
96 Preps B89231 ¥67,200
384 Preps B89232 ¥230,400

マグネットアクセサリ

使用時に必要です。

関連情報