多機能卓上型遠心機
Avanti J-15アバンティ J-15

3 L(4本 × 750 mL)を5,250 xgで遠心

  • 遠心時間を10%短縮可能(当社比)
  • より安全なワークフロー
高機能高速冷却遠心機 Avanti JXN-30

お客様の声

「超遠心法によるウイルス精製の基礎」より

国立大学法人 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 分子疫学分野
教授 中込 治 先生

固定角ロータ JA-14を用いて30,000 xg, 14~16時間遠心処理を行います。Overnightで安心して遠心できるのは、やはりベックマンだなと思います。

「高速冷却遠心機を用いたアデノウイルスベクターの効率的で再現性の良い調製方法」より

学校法人慈恵大学・東京慈恵会医科大学 総合医科学研究センター 基盤研究施設(分子遺伝学)
准教授 鐘ヶ江 裕美 先生

中容量前処理での大腸菌の培養ならびに集菌操作を行っている研究者には、ベックマン・コールターのスウィングロータJS-7.5と高速冷却遠心機Avantiとの組み合わせはお勧めです。一般的な方法と比べて、作業時間の短縮ならびに作業工程の削減ができます。

関連情報