| 関連製品

細胞培養:細胞の品質管理

培養上清からのエクソソームを研究に使用する場合、再現性を担当するために、エクソソームを産生する培養細胞の状態を一定に保つことが重要となります。Vi-CELL XRを用いることで客観的な細胞の生死情報が得られ、Vi-CELL MetaFLEXにより培養上清の状態を管理することができます。

細胞培養:細胞の品質管理について

高速培地環境分析装置

Vi-CELL MetaFLEX

研究開発、品質管理、工程管理における培地環境分析をよりスピーディーに

生死細胞オートアナライザー

Vi-CELL XR

次世代の自動細胞解析ソリューション

精製・回収

超遠心法は、エクソソームの集団が持つ性質の全体像を保った状態で回収することができ、そして、なにも加えることなく、精製と濃縮を同時に行える唯一の方法です。このため、エクソソーム回収のゴールドスタンダードとなっています。

精製・回収について

フロア型超遠心機

Optima X シリーズ

培養液中のエクソソーム回収に最適なモデル

卓上型超遠心機

Optima MAX シリーズ

血清などの微量サンプルからのエクソソーム回収に最適なモデル

性状解析

エクソソームそのものの特性を解析することで、その機能を解析する手がかりを得ることが可能です。フローサイトメータを用いることで、エクソソームの表面抗原の解析の可能性が示唆されています。

表面タンパク質解析について

コンパクトフローサイトメーター

CytoFLEX Family

80 nmまでのエクソソームをそのままで解析可能

内包物解析

精製したエクソソームに含まれるmRNAやmiRNAを解析することで、診断マーカ探索や機能解析を行うことができます。核酸抽出キットRNAdvanve Cell v2を用いることで、高収率でRNAを精製し、qPCRなどの下流解析を再現性高く行うことができます。また、RNAdvanve Cell v2は自動化にも適しており、少サンプルの研究スケールから多サンプルの診断へシームレスな移行を可能にします。

内包物解析について

細胞からのRNA抽出キット

Agencourt RNAdvance Cell v2

高収率・高精製度でかつ多サンプル処理に適した抽出キット

自動分注ワークステーション

Biomek i-Series

正確な密度勾配の作製からエクソソームのmiRNA抽出まで、様々なアッセイを自動化

東京都江東区有明3-5-7 TOC有明ウエストタワー
© Beckman Coulter, Inc All rights reserved.