エクソソーム関連製品

自動分注機

Biomek 4000
精確な密度勾配の作製からエクソソームのmiRNA抽出まで、様々なアッセイを自動化

精確な分注と種々のオプションデバイスによる柔軟な拡張性、直感的な操作が可能なソフトウェアにより、単純な分注から複雑なアッセイまで、さまざまな実験の自動化を実現することができる自動分注システムです。各種核酸抽出や、次世代シーケンサーの前処理、qPCRのセットアップなど、下流のアプリケーションも含めて自動化することが可能です。

仕様
分注レンジ: 1 – 1,000 uL 1本または8連分注
分注精度:1 ul 分注時5%CV以下, 20 ul 分注時2%CV以下

細胞からのRNA抽出キット

Agencourt RNAdvance Cell v2
高収率・高精製度でかつ多サンプル処理に適した抽出キット

磁気ビーズを用いた独自のSPRIテクノロジーによる、高収率・高精製度のRNA抽出キット。
5 × 104までの少量細胞に最適化し、多サンプル処理に適しており、さらに低コストです。
miRNA抽出用のプロトコールで、エクソソームからのmiRNA抽出をハイスループットに実施できます。もちろんBiomekによる自動化にも可能です。

仕様
Agencourt RNAdvance Cell v2 (96 preps)
Agencourt RNAdvance Cell v2 (960 preps)

フロア型超遠心機

Optima Xシリーズ
培養液中のエクソソーム回収に最適なモデル

15インチ大型タッチスクリーンにより直感的に操作が可能で、サンプル容量も目分量で 合わせるだけで超遠心処理が可能です。培養液中のエクソソーム回収に最適なモデルで す。スウィングロータSW 41 Tiにより、効率良くエクソソームの回収が行えます。また、 大容量のスウィングロータSW 32 Tiが使用でき、最大6本 x 38.5 mLを遠心可能です。

仕様
Optima XPN-100: 最高回転数 100,000 rpm、 最大遠心力 802,000 xg
Optima XPN-90: 最高回転数 90,000 rpm、 最大遠心力 694,000 xg
Optima XPN-80: 最高回転数 80,000 rpm、 最大遠心力 548,300 xg
Optima XE-100: 最高回転数 100,000 rpm、 最大遠心力 802,000 xg
Optima XE-90: 最高回転数 90,000 rpm、 最大遠心力 694,000 xg

卓上型超遠心機

Optima MAXシリーズ
血清などの微量サンプルからのエクソソーム回収に最適なモデル

タッチスクリーンにより直感的に操作でき、サンプル容量も目分量で合わせるだけで簡単 に超遠心処理が可能です。クラス最小容量のスウィングロータTLS-55により、115 μL ~2.2 mLのサンプル量からエクソソームを回収できます。

仕様
Optima MAX-XP: 最高回転数 150,000 rpm、 最大遠心力 1,019,000 xg
Optima MAX-TL: 最高回転数 120,000 rpm、 最大遠心力 657,000 xg

動的・静的光散乱法測定装置

DelsaMax CORE
超微量サンプルでのリアルタイム粒子径解析を実現

2つの独立した検出器と高出力100 mWレーザーを搭載しており、低濃度サンプルの 粒子径・分子量測定が可能です。わずか 1μLの微量サンプルで測定できるため、貴重 なエクソソームの粒子径測定に適しており、測定後のサンプル回収も可能です。

仕様
測定範囲: 0.4 nm ~ 10 μm(粒子径)300 ~ 1,000,000 Da(分子量)
サンプル容量: 石英セル( 1μL、45 μL)、ディスポーザブルセル( 4 μL、50 μL)