より速く、さらに創造的に

トリパンブルー染色法は、細胞の生死判定、計数を行う方法として広く受け入れられています。
Vi-CELL BLUは、サンプル染色から計数・生死判定に至るプロセスを自動で行います。少量・大量の細胞培養液中の細胞を正確に計測します。これにより研究から製造スケールまで対応します。
バイオファーマやアカデミアなど、細胞を扱う多くの施設でお使いいただけます。

  • 細胞染色から機器の洗浄まで完全自動化
  • 高速測定
  • 少量サンプルで測定
  • 機器間差が低減
  • 多サンプル測定対応
生死細胞オートアナライザー Vi-CELL BLU

特長

Vi-CELL BLUの基本設計
Vi-CELL XRのコンセプトを継承し、さらに進化

  • サンプルプレップから計数まで完全自動化
  • 24ポジションのカローセルに変更
  • 新たに96ウェルプレートに対応
  • 試薬パック(トリパンブルー、バッファー、殺菌消毒液、洗浄液がすべて内蔵)
  • PC(Windows 10 OS)組み込み型
  • タッチスクリーン対応
  • 21 CFR Part 11 対応
  • IQ/OQ対応

Vi-CELL BLUのテクノロジー

最先端のリキッドハンドリングシステムとイメージングテクノロジーによって、サンプルの吸引、試薬のハンドリング、画像解析から機器の洗浄に至るまでのシステム全体の性能が向上しました。
ソフトウエアはユーザー に配慮し、使いやすい仕様になっています。しかしながら、BLUは、Vi-CELL XRの機能を継承しながら、解析スピードの向上、データの信頼性および客観性に十分な考慮がなされています。
そして今まで提供できなかった情報を取得し提供します。

解析速度

  • ハイスピードカメラにより、サンプルの流れを止める必要がなく、フローセル内のサンプルを撮影します。その結果サンプル解析の時間が短くなり、全行程に要する時間が短くなりました。

サンプル量

  • チューブの長さと内径を小さくすることにより、分析に使うサンプル量が少なくなりました。

シリンジポンプ速度の最適化

  • 気泡の混入を最小限に抑えながら混合することで、洗浄時間が短くなりました。

高度なソフトウェアアルゴリズム

  • 濃度スロープを使うことで、各濃度ポイントにおける直線性および精度がより向上します。
  • 再解析機能により、様々な細胞に合わせた計測(セルタイプ)を最適化できます。
  • 気泡検出機能はオペレーターに画像中の気泡の存在を知らせます。
  • フローセルにあるゴミを検出し、計数しないようにすることができます。

データインテグリティ・ 21 CFR Part 11 対応

アメリカ食品医薬品局(FDA)は、 電子記録と電子署名に必要な要件を21 CFR Part 11で規定しました。Vi-CELLのような分析機器は電子記録を生みだすため、21 CFR Part 11 に規定されたルールを遵守しなければなりません。
Vi-CELL BLUはこれまで以上に、ルールに対応したシステムで構成されています。以下に、21 CFR Part 11コンプライアンスに則したシステムを提供するVi-CELL BLU の最も力を入れた特長を示します。

  • 監査証跡
  • エラーログファイル
  • 電子署名機能
  • 厳格なサインイン要求
  • ユーザー権限
  • 管理設定ツール
  • IQ/OQレベルでの機器管理ツールを提供
  • RFタグによる試薬情報管理システム

柔軟な操作性能

  • 容易な試薬パックの交換
  • シングルユーズコントロール試薬
  • データのエクスポート対応
  • 個々のPCで解析が可能
  • Vi-CELL BLUで取得したデータにアクセスするための様々なソフトウエアに対応

クリーンルーム対応

  • 機器表面の拭洗浄可能
  • 外部PC、モニター不要
  • 過酸化水素ガス耐性(20回/年)

仕様

項目 仕様 メリット
オートサンプラー 24 ポジション 全自動
プレート対応 96ウェル対応 多検体対応
全自動解析
解析時間 標準解析時間:
 通常モード: 130秒
 高速モード: 90秒
 (100画像, 2×106 Cells/mL)
タイムセービング
解析サンプル速度の向上
サンプル量 170 μL (FASTモード)
200 μL (Normalモード)
少量培養、貴重サンプルからの少量サンプル測定に対応
21 CFR Part 11対応 対応(強固なDIシステム) 遵守
吸引およびトリパンブルー混合回数設定 任意設定可能 細胞種に合わせて懸濁回数・染色液混合回数 設定可能
初期Cell Type設定 対応 すぐに測定可能
Cell Type設定機能 あり 細胞種に合わせたカウント設定
異なる細胞計数法と相関調整可能
濃度範囲 5×104 から1.5×107 cells/mL 高濃度サンプルにも対応
測定聖堂 2.0×106 個/ mL以上では、コールターカウンターによる測定値との差が10%以内 測定精度の向上
結果の再現性 2.0×106 個/mL以上の同一サンプルでは、結果のばらつき(CV)は±5%以内 再現性の向上
サイズ範囲 2 ~ 60 μm 小さな細胞や酵母細胞をより、はっきりと検出可能
濃度範囲を超えた場合のアラート機能 あり 自動でアラートシステムを採用
凝集細胞のクラスタリング設定機能 あり 凝集性の高い細胞の分離カウントに効果を発揮
真円度の測定機能 あり サンプル中のデブリスの分離に寄与
項目 仕様
OS Winows 10
電源 50 W, 65 W(最大)
AC: 100 ~ 240 V, 2.5 A, 50 ~ 60 Hz
設置温度 13 ~ 37°C
重量 28 kg
寸法 420 (W) × 540 (D) × 450 (H) mm
価格 ¥5,860,000 ~



オーダー情報

装置

製品番号 製品名
C19196 生死細胞オートアナライザー Vi-CELL BLU

アクセサリー/消耗品

製品番号 製品名
C06019 Vi-CELL BLU 試薬キット(シングルキット)
C39291 Vi-CELL BLU 試薬キット(4パック)
C24843 サンプルチューブ(350チューブ/袋)
C24841 96-ウェルプレート(5プレート)
C24842 96-ウェルプレートカバーシート(10枚)
C09147 0.5M シングルユース濃度コントロール(20本/0.5×106 beads/mL)
C09148 2.0M シングルユース濃度コントロール(20本/2×106 beads/mL)
C09149 4.0M シングルユース濃度コントロール(20本/4×106 beads/mL)
C09150 10.0M シングルユース濃度コントロール(20本/10×106 beads/mL)
C09145 生存率コントロール(20本/50% viability control)
6602796 標準粒子 CCサイズスタンダードL10 (Nominal 10µm, ラテックス, 1x15mL)

デモ・サンプル測定

Vi-CELL BLU のデモンストレーションまたはサンプル測定を承ります。是非、ご活用ください。

デモンストレーション
弊社ショールームに展示しております実機を用いて、実際の測定手順や操作方法をご覧いただけます。(要ご予約)

  • 日程について事前にご相談ください。
  • 開催地:
    ベックマン・コールター株式会社 ビジョンセンター
    東京都江東区有明3-5-7 TOC有明ウエストタワー 12F

サンプル測定
サンプルをお預かりし、技術担当スタッフが測定いたします。解析終了後には、報告書と残サンプルをご返却いたします。また、分析結果に関するご質問をお受けいたします。

  • 料金につきましては、基本的に無償ですが、点数の多い場合や特殊な条件を必要とする場合にはお見積をさせて頂きます。
  • 受託サンプル測定(有償)は受け付けておりません。
  • 本サンプル測定は、弊社製品のご導入へ向けての検討・評価をいただく場合に限って申し受けます。