トップ > 創薬研究・基礎研究

創薬研究・基礎研究を加速する

Biomek i–Series 自動分注ワークステーション

ベックマン・コールターでは、創薬研究・基礎研究に関わるさまざまなワークフローを革新させるために、ハードウェア、ソフトウェア、さまざまなメーカーの製品との接続、そして信頼性のあるサポートプログラムの開発を日々行っています。


自動分注装置を超えた、自動化ワークステーション

ベックマン・コールターは60以上の他社メーカーの300以上もの装置をお客様のご要望により接続させてきました。
デッキ上での簡単な接続から、ロボットシステムを用いたより複雑なシステムの構築まで、さまざまなニーズに応じた最適なカスタムシステムを構築することが可能です。Biomek i-Seriesは単なる自動分注装置を超えて、アッセイの一連のプロセスを完全に自動化するためのワークステーションの中心となります。

接続装置例:

  • バーコードリーダー
  • 遠心機
  • プレートリーダー・イメージャー
  • 搬送ロボット
  • プレートウォッシャー
  • 安全キャビネット
  • 温度・湿度コントロール ストレージ
  • チューブハンドリング – キャップ/デキャップ装置

など

Biomek i-Series とフローサイトメーター、インキュベーターの接続


細胞培養

ブラッドフォードアッセイ

対応するアプリケーション例

  • セルベースアッセイ
  • ハイスループットスクリーニング(HTS)
  • ハイコンテントスクリーニング(HCS)
  • 細胞株開発
  • 細胞培養
  • トランスフェクション
  • 長期培養
  • 生物製剤バイオアッセイ
  • プロテオミクス、リピドミクス、メタボロミクス
  • 合成生物実験
  • 3D培養
  • 化合物ハンドリング

など



Biomek i–Series
-自動分注ワークステーション-

Biomek i–Seriesで広がる
ジェノミクス研究

資料

ビデオ、アプリケーションノートなど、Biomek i–Series 自動分注ワークステーションに関連するさまざまな資料をご覧いただけます。