お知らせ

Kaluza ソフトウエア強制終了と対処について

  • お知らせ
2018年7月11日(水)

謹啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配に預かり厚く御礼申し上げます。

さて、弊社フローサイトメトリー多次元解析ソフトウエア Kaluza1.5a におきまして、Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803)をインストール後に Kaluza ソフトウエアを起動すると「Error 99999」が表示され、ソフトウエアが強制終了されることが確認されましたので、下記の通りお知らせいたします。

お客様にご不便をおかけしますことを深くお詫び申し上げますとともに、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。今後とも弊社製品をご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

謹白

【事象】
Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803)をインストール後に Kaluza ソフトウエアを起動すると「Error 99999」が表示され、ソフトウエアが強制終了する。
【対処について】
1. Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803)を以前のバージョンに戻す
2. 1 の方法が実施できない場合、以前のバージョンのシステム復元ポイントにする、または Windows を再インストールする。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12415/windows-10-recovery-options
【弊社の今後の対応について】
最新の情報につきましては、メールまたは弊社 WEB サイト等にてご連絡いたします。

以上

お問合わせ窓口 ベックマン・コールター株式会社 お客様サポートセンター
0120-566-730 または 03-6745-4704
電話受付時間 9:00 ~ 17:30 (土・日・祝日・その他休業日を除く)

PDFファイルのダウンロード