展示会・学会

第44回日本免疫学会学術集会

  • 参加
  • ライフサイエンス分野
  • 報告

第44回 日本免疫学会学術集会 展示報告

今年の免疫学会では、最新のハイパフォーマンス コンパクトフローサイトメーター CytoFLEXシリーズ、マルチカラー解析を簡便化できるドライ試薬 DuraCloneやハイエンドセルソーター MoFlo Astrios EQなど細胞解析における新商品を展示いたしました。特にCytoFLEXは、小型でもハイパフォーマンス、アップグレードも容易というお客様のニーズに合ったコンセプトで、多くのお客様のご興味を得ることができました。また、DuraCloneシリーズは室温管理、抗体試薬の分注が不要という従来にはないワークフローの提案に多くのお客様からご質問をいただきました。
学会では弊社ブースにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。
来年は沖縄とのことです。来年もぜひ弊社ブースにお立ち寄りください。

第44回 日本免疫学会学術集会 テクニカルセミナー報告

座長に国立国際医療研究センター研究所 反町典子先生、演者に鳥取大学 長田佳子先生をお迎えし、「Epstein-Barr virus triggers development and exacerbation of Graves’ disease.」につきましてご講演いただきました。EBウイルスと自己免疫疾患の関係性など、大変興味深い内容で多くの客様よりご質問をいただけるセミナーとなりました。
会場は満席となり、大盛況のうちに幕を閉じることができました。テクニカルセミナーにご参加いただきありがとうございました。

演者:長田佳子先生
座長:反町典子先生

第44回日本免疫学会学術集会 詳細情報


第44回日本免疫学会学術集会 機器展示会

第44回日本免疫学会学術集会 テクニカルセミナー

  • 日時
    2015年
    11月20日 (金) 11:20 ~ 12:20
  • 会場
    札幌コンベンションセンターMAP
    H会場
  • 演題
    Epstein-Barr virus triggers development and exacerbation of Graves’ disease.
    (EBウイルスはバセドウ病の発症や増悪の最終因子となる。)
  • 演者
    長田佳子先生
    鳥取大学医学部分子病理学 
  • 座長
    反町典子先生
    国立国際医療研究センター 分子炎症制御プロジェクト
  • 要旨
    Epstein-Barr virus (EBV) infects mainly in B cells, and thus, it has been suggested that EBV is relevant to autoimmune disease. We have studied EBV in relation to Graves’ disease, the autoimmune thyroid disease.
    Graves’ disease is hyperthyroidism caused by autoantibodies against thyroid-stimulating hormone receptor (TRAbs). TRAbs stimulates thyroid follicular cells to produce excessive thyroid hormone. Based on clinical data, we speculated there must be the EBV-infected B cells that have TRAb as their surface immunoglobulin (TRAb(+)EBV(+) cells) and the reactivation of infected-EBV stimulates the production of TRAbs.
    We applied the serum TRAbs detection system to our TRAb-fluorostain for flow-cytometry, and found the TRAb(+)EBV(+) cells in PBMCs from both Graves’ disease patients and healthy controls. Furthermore, we detected secreted TRAbs in culture fluids of PBMCs containing TRAb(+)EBV(+) cells by EBV reactivation induction, indicating that EBV reactivation induces TRAb production.
    Serum TRAb is positive only in patients but in healthy controls. However, in our results, healthy controls as well as Graves’ disease patients have the same TRAb(+) EBV(+) cells. We think this is because the difference of reactivation tendency in EBV strains infected.
    Many genetic factors are reported, but EBV reactivation may be the final trigger to develop or exacerbate Graves’ disease.
  • PDF