測定原理の違いによる粒度分布測定データの比較 その長所と短所

ミクロン領域

測定原理 正確さ 粒子径定義 精度 分解能 再現性 測定範囲 サンプル調製
デジタルコールター原理
(細孔電気抵抗法)
相当径 狭い
(注1)
やや手間
次世代レーザ回折・散乱法
(133個の検出器)
有効径 広い 容易
従来のレーザ回折・散乱法 有効径 広い 容易
遠心沈降法 有効径 広い 手間
フロー方式画像解析法 相当径 やや狭い 容易

注1)アパチャ(センサー)を交換することにより対応

サブミクロン領域

測定原理 正確さ 粒子径定義 精度 分解能 再現性 測定範囲 サンプル調製
動的光散乱法 有効径 広い 容易
次世代レーザ回折・散乱法
(PIDS理論)
有効径 広い 容易
従来のレーザ回折・散乱法 有効径 広い 容易
遠心沈降法 有効径 広い 手間

シングルナノ領域

測定原理 正確さ 粒子径定義 精度 分解能 再現性 測定範囲 サンプル調製
動的光散乱法 有効径 広い 容易
超遠心沈降法
(速度法、平衡法)
有効径 広い 手間