分析用超遠心機(AUC)の歴史
AUCの未来:無限の可能性をもう一度

分析的超遠心分離(AUC)の将来の可能性を探求

AUCはもう少しで100歳になろうとしています。

今日、AUCは事実上あらゆる科学分野に応用されています。
例えば、

  • 細胞生物学
  • 分子生物学
  • 生化学
  • 免疫学
  • 生物物理学
  • 物理化学
  • コロイド化学
  • バイオテクノロジー
  • バイオマテリアル
  • ナノ粒子 など

AUC実験の大半が沈降速度法(SV)やロングカラム沈降平衡法(SE)を用いて実施される一方、多くの特殊技術も開発されてきています。
例えば、

  • 分析的ゾーン沈降法(Analytical zone sedimentation)
  • 差沈降(Difference sedimentation)
  • 合成境界測定(Synthetic boundary measurements)
  • ショートカラム技術(Short-column techniques)21

2017年中頃のPubMed検索では、AUCを参照した論文が4,000件近く公開されています。

これはテオドール・スベドベリが1923年に世界初の分析用超遠心分離機を作って以来、毎年平均42件以上の論文が出されていることになります。

この90年間、良い時期と悪い時期を繰り返したことは、この分析技術には悪くなかったようです。

この先90年の、AUCの前進・向上を願います。


推奨文献・書籍リスト:

  • An Improved Air-Driven Type Of Ultracentrifuge For Molecular Sedimentation, by E.G.Pickels and J.H. Bauer.
  • The Life of a Virus: Tobacco Mosaic Virus as an Experimental Model, 1930-1965, by Angela N. H. Creager.
  • Instruments of Science – An Historical Encyclopedia (Garland Encyclopedias in the History of Science), edited by R. Bud and D. Warner.
  • Howard Schachman, “University of California Professor of Molecular Biology:Discussions of His Research Over His Scientific Career From the 1940s Until 2010,” by Sondra Schlesinger.
  • Biophysical Characterization of Proteins in Developing Biopharmaceuticals, edited by Damian J. Houde and Steven A. Berkowitz.
  • Sedimentation Velocity Analytical Ultracentrifugation: Discrete Species and Size-Distributions of Macromolecules and Particles, by Peter Schuck.
  • Analytical Ultracentrifugation: Techniques and Methods, edited by David Scott, Stephen E. Harding and Arthur Rowe.

21 Scott D, Harding SE, Rowe A, editors. Analytical Ultracentrifugation: Techniques and Methods. 1st ed. London: Royal Society of Chemistry; 2005.