vol.3 ベックマン純正のロータ用洗剤と洗浄ブラシがあることをご存じでしたか?
-ロータメンテナンス法 その2-

ロータの寿命を延ばす方法として、ロータの洗浄を心掛けることが大切なことです。
ベックマン純正の洗浄液と専用ブラシがあるのはそれだけ大切であることを表しています。
必ずしも純正のものを使う必要はありません。
水洗いだけでも有効ですし、中性洗剤と市販のブラシを使用していただいても構いません。
例えば「月に1回は洗浄する」と決めてはいかがでしょうか?
また、遠心終了後にわずかでもサンプルがロータの穴の底に漏れていたという場合には、 必ず洗浄を行ってください。

次の手順で洗浄を行います。

  1. O-リングを外す
  2. ロータ本体、蓋を水洗いする
  3. 洗剤、ブラシを使用して、ロータ内部も洗浄する
  4. 水(できたら蒸留水)ですすぎ洗いする
  5. ロータを逆さにして、乾燥させる
  6. O-リングにバキュームグリースを薄く塗ってから所定の場所に取り付ける
  7. ネジ山部分にスピンコート(潤滑剤)を塗る

以上を行うことでロータを腐食から護り、寿命を延ばすことが可能です。