遠心力計算ページ案内

“手元にあるロータを使って、文献に記載されている条件に合わせるには?”
“遠心機(or ロータ)を新しくしたけど、前の条件と合わせるには?”
そのためには、下記サイトをぜひご活用ください!

  1. 遠心力から回転数を求める、または、回転数から遠心力を求める

    https://ls.beckmancoulter.co.jp/a/tools/gforce_calc/(日本語、スマホ対応)

    ロータ選択またはrmax(最大回転半径)入力後、rpm(1分間あたりの回転数)をご入力ください。相対遠心力をご確認いただけます。また、RCF(相対遠心力)入力でrpm(1分間あたりの回転数)をご確認いただけます。
  2. お手元にあるロータの、任意の回転数でのkファクタを求める

    https://ls.beckmancoulter.co.jp/a/tools/kfactor_calc/(日本語、スマホ対応)

    ロータのrmax(最大回転半径)とrmin(最小回転半径)、および rpm(1分間あたりの回転数)をご入力ください。kファクタをご確認いただけます。
  3. 文献などで記載されている遠心条件を、お手持ちのロータで再現する

    https://www.beckman.jp/centrifuges/rotors/calculator(英語)
    1. Run Time Conversion Using k-Factorsタブをクリックします。
    Run Time Conversion Using k-Factorsタブをクリックします。

    2. ”Select Rotor 1”で、文献などに記載されているロータを選択し、遠心条件を入力します。
    ”Select Rotor 1”で、文献などに記載されているロータを選択し、遠心条件を入力します。

    3. 続いて、お手持ちのロータを”Select Rotor 2”から選び、回転数の入力後に「COMPUTE(緑ボタン)」をクリックします。お手持ちのロータでの遠心条件(赤枠)が表示されます。
    続いて、お手持ちのロータを”Select Rotor 2”から選び、回転数の入力後に「COMPUTE(緑ボタン)」をクリックします。お手持ちのロータでの遠心条件(赤枠)が表示されます。