ベックマン・コールター株式会社 Webセミナー

動画を再生するには

本Webセミナー動画を再生するには、パスワードが必要です。パスワード確認お手続きの手順については本ページ内「パスワードお問い合わせ」フォームをご覧ください。

※ パスワード入力後、動画の読み込みに時間がかかる場合があります。動画再生が全く始まらない場合は、しばらく時間をおいてから本ページの再読み込みと同パスワードのご入力をお試しください。

ベックマン・コールター株式会社 Webセミナー
多発性骨髄腫(2):新規薬剤による多発性骨髄腫の予後の改善と抗CD38抗体医薬(ダラツムマブ)による骨髄腫細胞からのCD38の消失

福岡大学医学部 細胞病態解析学講座
福岡大学病院 腫瘍・血液・感染症内科
渡辺 信和 先生

概要

多発性骨髄腫(MM)は難治性の血液悪性腫瘍で、長い間その予後は不良でした。1999年、サリドマイドが難治性のMMに効果があることがわかり、副作用を軽減して効果を高めた誘導体であるレナリドマイドが2010年に承認されました。これらは免疫調節薬と呼ばれている薬剤です。また、プロテアソーム阻害剤であるボルテゾミブも2006年に承認され、2000年以降MMの予後が明らかに改善しています。

一方、MMに対する抗体医薬の開発も進められ、2012年に骨髄腫細胞に高発現しているCD38に対する抗体医薬が開発されました(薬剤名:ダラツムマブ)。ダラツムマブは抗体依存性細胞傷害(ADCC)や補体依存性細胞傷害(CDC)により効果を発揮することが期待されていますが、ほとんどのMM治療薬に抵抗性となった患者にも効果を示し、我が国では2017年9月に承認され、期待を集めています。

そのような中、ダラツムマブを投与されたMM患者の骨髄腫細胞でCD38が急速に消失すること、ダラツムマブが結合したCD38分子が周辺の細胞膜ごと単球や顆粒球に「細胞間移動」することが報告され、注目を集めています[Krejcik J, et al. Clin Cancer Res, 23(24): 7498-7511, 2017]。このCD38-ダラツムマブ複合体の細胞間移動はトロゴサイトーシス(trogocytosis)と呼ばれる現象で、ダラツムマブ投与後には他の免疫細胞上のCD38分子も同様に消失することが報告されています[Krejcik J, et al. Blood, 128(3): 384-394, 2016]。トロゴサイトーシスがダラツムマブの薬理効果や患者の免疫細胞の機能にどのような影響を与えているのか、未だ全体像は不明です。

当日のWebセミナーでは、ダラツムマブ投与後にCD38が検出されない場合の骨髄腫細胞の検出法や、トロゴサイトーシスに関する最新の話題もお話しします。

(※ この動画は、2018年4月18日に開催されたWebセミナーを録画・一部編集したものです。)


Webセミナー シリーズ


  1. フローサイトメトリーの基礎セミナー

    フローサイトメーター(FCM)をこれからご使用になられる方、すでに使用されていても設定にご不安がある方などを対象としたセミナーです。皆様がFCMを使用される上で絶対に知っておいていただきたいこととデータ解析を行う上での注意点やポイントなどをまとめてお話しいたします。


  2. 初心者から始めるCD34陽性造血幹細胞測定②:データ解析のポイント

    第1回の内容の続きとして、CD34陽性造血幹細胞測定におけるゲート解析時のポイントをお話しいたします。


  3. 初心者から始めるCD34陽性造血幹細胞測定①: ガイドラインとサンプル調製のポイント

    ISHAGEとJCCLSの2つのガイドラインをふまえて、CD34陽性造血幹細胞測定のポイントをお話しします。


  4. いまさら聞けない超遠心分析法の基礎と応用

    溶液中のタンパク質の物性(どういう状態なのか?)を知ることのできる超遠心分析の原理とデータの見方を簡単に解説し、さらに踏み込んで分析用超遠心機の応用例をいくつかご紹介いたします。


  5. マルチカラーフローサイトメトリーの基礎概論

    フローサイトメーター(FCM)でマルチカラー解析をこれから行ってみたい方、マルチカラー解析の設定に不安がある方などを対象としたセミナーです。マルチカラー解析を行う上で絶対に知っておきたいことをお話しします。


  6. 多発性骨髄腫(2):新規薬剤による多発性骨髄腫の予後の改善と抗CD38抗体医薬(ダラツムマブ)による骨髄腫細胞からのCD38の消失

    福岡大学医学部 細胞病態解析学講座
    福岡大学病院 腫瘍・血液・感染症内科
    渡辺 信和 先生

    ダラツムマブ投与後にCD38が検出されない場合の骨髄腫細胞の検出法や、トロゴサイトーシスに関する最新の話題もお話しします。


  7. 多発性骨髄腫(1):多発性骨髄腫の病態とマルチカラー・フローサイトメトリー解析

    福岡大学医学部 細胞病態解析学講座
    福岡大学病院 腫瘍・血液・感染症内科
    渡辺 信和 先生

    多発性骨髄腫(multiple myaloma:MM)の病態と、MMのマルチカラー・FCM解析について、EuroFlowコンソーシアムが推奨している8カラー解析を中心にお話しします。


  8. 細胞アッセイの自動化の実例 ~ Biomek i-Seriesでラボオートメーション ~

    フローサイトメトリーのための細胞染色、超遠心分析法の測定原理、トランスフェクションの最適化、細胞培養・継代・播種の自動化のような一般的な細胞アッセイの自動化の実例を、動作の様子やデータを交えてご紹介いたします。


  9. いまさら聞けない超遠心分析法の基礎 ~なぜタンパク質研究に用いられるのか~

    溶液中のタンパク質の物性(どういう状態なのか?)を知ることのできる超遠心分析の原理とデータの見方を簡単に解説します。


  10. FFPEからのジェノタイピングを加速する、FormaPure DNA核酸抽出キットと自動化ソリューション

    弊社SPRIビーズ法によるFormaPure DNAの抽出原理・高品質な抽出核酸を用いたアプリケーション・自動化例をご紹介いたします。


  11. DNA断片のサイズセレクションをゲルフリーで行うSPRIselectの使用方法とアプリケーション

    次世代シーケンスライブラリの調製の効率化や、従来ゲルバンド切り出しを行っていたDNA実験を大幅に省力化する手がかりを提供いたします。


  12. 新製品 Biomek i-Series のご紹介

    ユーザーが使いやすく、信頼性の高い結果を生むことができるシステム。それが Biomek i-Series です。本セミナーでは、Biomek i-Series の概要と新しい機能をご紹介いたします。


  13. エクソソーム精製のゴールドスタンダード 超遠心法のメリットと実験のコツ

    エクソソーム精製における超遠心法を選択するメリットとその具体的なプロトコールおよびコツをご説明します。


  14. リキッドバイオプシー・FFPE検体解析を加速する miRNA / セルフリーDNAのビーズ精製と自動化

    Agencourt SPRI核酸抽出キットのプロトコル改変による血漿検体からのmiRNA/セルフリーDNAの同時精製、FFPE検体からのmiRNA/mRNAの同時精製アプリケーションを紹介します。


  15. Agencourt AMPure XP と シリカカラム精製キット PCR産物精製パフォーマンスの比較

    Agencourt AMPure XP 磁性ビーズ精製の作業時間や精製収量がカラムキットよりも優れていることを、実験ムービーを交えて解説します。


  16. 遠心機ロータの安全な取扱方法【前編】

    遠心機ロータを不適切に取り扱った場合の例


  17. 遠心機ロータの安全な取扱方法【中編】

    遠心機ロータの安全な使用方法「サンプルバランスを正しくとる」「サンプル密度を考慮して使用する」


  18. 遠心機ロータの安全な取扱方法【後編】

    遠心機ロータの安全な使用方法「ロータ本体、フタ、バケットを正しくセットする」「チューブ、アダプタ、ツールを正しく使う」「適切にメンテナンスされているロータを使う」