Webセミナー動画一覧(フローサイトメトリー)>多発性骨髄腫(1):多発性骨髄腫の病態とマルチカラー・フローサイトメトリー解析

 

ベックマン・コールター株式会社 Webセミナー

多発性骨髄腫(2):新規薬剤による多発性骨髄腫の予後の改善と抗CD38抗体医薬(ダラツムマブ)による骨髄腫細胞からのCD38の消失

福岡大学医学部 細胞病態解析学講座
福岡大学病院 腫瘍・血液・感染症内科
渡辺 信和 先生


概要

多発性骨髄腫(multiple myaloma:MM)は、B細胞が形質細胞(plasma cells: PC)へ分化する過程で起こる染色体異常を契機として、蛋白質の異常発現や遺伝子変異が蓄積した結果発症します。我が国の患者数は約1万8千人で、造血器悪性腫瘍の10?15%、全がん患者の約1%を占めています。60歳以上で発症することがほとんどですが、高齢化を背景に近年患者数が増加しています。貧血による息切れや骨病変による腰痛などで来院したり、検診や人間ドックの血液検査で見つかることが多いです。異常な抗体産生細胞がモノクローナルに増殖するため、単一のγグロブリンが血清や尿の蛋白質電気泳動で鋭いピーク(M蛋白)として検出されます。

ほぼ全てのMM症例が、前がん状態である意義不明の単クローン性γグロブリン血症(monoclonal gammopathy with undetermined significance:MGUS)を経て発症します。MGUS患者の一部は骨髄腫細胞がさらに増加し、くすぶり型骨髄腫(smoldering multiple myeloma:SMM)に進行すると、MMを発症する確率がさらに高くなります。MGUS患者のうち、MMやアミロイドーシスなどを発症する確率は、生涯で約25%と言われています。

マルチカラー・フローサイトメトリー(FCM)による骨髄腫細胞の解析では、骨髄細胞をCD38とCD138で展開し、正常なPCと骨髄腫細胞をまとめてCD38+CD138+細胞としてゲーティングします。つぎに、CD38+CD138+細胞をCD19とCD56で展開し、異常な骨髄腫クローンをCD19-CD56+分画、あるいはCD19-CD56-分画として検出します(CD19+CD56+分画は稀)。正常なPCのフェノタイプはCD19+CD56-ですが、骨髄腫では正常PCの頻度が極めて低いことが特徴です。

本WebセミナーではMMの病態と、MMのマルチカラー・FCM解析について、EuroFlowコンソーシアムが推奨している8カラー解析を中心にお話しします。

(※ この動画は、2018年4月4日に開催されたWebセミナーを録画・一部編集したものです。)


ベックマン・コールターによるWebセミナーの動画は
Webセミナー動画一覧ページにてご確認いただけます。

ベックマン・コールター株式会社
お客様サポートセンター

0120-826-777 または 03-6745-4705

電話受付時間:9:00 ~ 17:30
(土・日・祝日・その他休業日を除く)

お問い合わせフォーム