Avanti JXN-26 キャンペーン 特設 Web ページ

高速冷却遠心機

Avanti JXN-26

特別価格 キャンペーン

2017年43日(月)

2017年929日(金)受注分まで

本体価格 285 万円が

今なら 200 万円 (約 30 % OFF)
* 本体のみの価格で、ロータは付属しません。

Avanti JXN-26

で失活するサンプル。「同じプロトコルなのに、海外の共同研究先が言うよりも活性が低い」ということはありませんか?それはもしかしたら、遠心機のせいかもしれません。

Avanti JXN-26 は、熱の発生を最小限に抑えた高速冷却遠心機。研究上で最も価値のあるサンプルを守るために、温度を厳密に管理できます。

FRS(チャンバー内空気摩擦熱低減システム)

世界で求められる品質に応えるために、ベックマン・コールターは世界で初めて、高速冷却遠心機クラスにチャンバー内を減圧するシステムを搭載しました。

一般的な遠心機(減圧なし)

遠心機の主な熱源は、「回転するロータと空気との摩擦熱」です。一般的な遠心機では、その熱源(ロータ)を熱伝導率の低い空気 を通して、チャンバーの外にある冷凍機で冷やしています。

Avanti(減圧あり)

Avanti は、同様にチャンバーの外から冷やしていますが、チャンバー内を 1/4 気圧以下まで減圧することで摩擦熱の発生を最小限に抑えます。このため、余裕をもって厳密な温度管理が行えます。

目的に応じたロータ選択が可能

今までお使いの Avanti ロータを使用可能です。
(耐用年数を超えるロータはチェックが必要な場合があります。)

型式の「」:バイオセーフティ仕様もあります

ロータ
ロータタイプ 型式 最高回転数
(rpm)
最大遠心力
(xg)
容量
(チューブ本数 × mL)
固定角ロータ JA-30.50Ti 26,000 81,770 8 × 50
JA-25.15 25,000 74,200 24 × 15
JA-25.50 25,000 75,600 8 × 50
JA-21 21,000 50,400 18 × 10
JA-20.1 20,000 51,500 32 × 15
JA-20 20,000 48,400 8 × 50
JA-18.1 18,000 42,100 24 × 1.8
JA-18 18,000 47,900 10 × 100
JA-17 17,000 39,700 14 × 50
JLA-16.250 16,000 38,400 6 × 250
JA-14 14,000 30,100 6 × 250
JA-14.50 14,000 35,000 16 × 50
(コニカル)
JA-12 12,000 23,200 12 × 50
(コニカル)
JA-10 10,000 17,700 6 × 500
JLA-10.500 10,000 18,600 6 × 500
JLA-8.1000 8,000 15,970 6 × 1,000
JLA-9.1000 9,000 16,800 4 × 1,000
スウィングロータ JS-24.15 10,000 19,190 6 × 15
JS-24.38 10,000 18,030 6 × 38.5
JS-13.1 13,000 26,500 6 × 50
JS-7.5 7,500 10,400 4 × 250
AllSpin
JS-5.3
5,300 6,879 / 6,130 4 × 500 mL / 24枚×プレート
JS-4.3 4,300 4,220 4 × 750 mL
JS-4.0 4,000 4,050 4 × 1,000 mL
連続処理/
ゾーナルロータ
JCF-Z 20,000 39,900 ~ 1,250 mL

アプリケーション例

効率の良い集菌とデブリス除去。

ウイルスベクター作製用プラスミド抽出工程における中容量(600 mL)の大腸菌の迅速な集菌

スウィングロータJS-7.5と滅菌済み 50 mLコニカルチューブを用いることで、5,000rpm, 4℃, 10分間の遠心処理で大腸菌の破壊もなく、短時間で効率の良い集菌が可能です。また、容量に応じたボトルの滅菌処理が不要で、容量に合わせてコニカルチューブの本数を変更するだけ集菌ができます。

ウイルスベクターの精製過程におけるデブリスの除去

高速遠心機を使って細胞や死滅したデブリス(細胞片)を確実に除く前処理工程は非常に重要です。この高速遠心分離による前処理でいかにきれいにデブリスを除去できているかによって、精製したウイルスベクターの品質が決定します。JS-24.38 を用いて 10,000 rpm, 4℃, 10分間の遠心処理で、活性低下のリスクが少なく、ウイルスベクターを含む培養液から効率良くデブリス除去ができます。

主な仕様、旧製品との比較

最大遠心力 81,770 xgの高機能を誇り、最大容量 6 x 1,000 mLのクラス最高峰を実現。あらゆるニーズに応えます。

Avanti JXN-26 Avanti HP-25(旧製品)
最高回転数 26,000 rpm 25,000 rpm
最大遠心力 81,770 xg (JA-30.50 Ti) 75,600 xg (JA-30.50 Ti)
最大容量 6 × 1,000 mL (JLA-8.1000) 4 × 1,000 mL (JLA-9.1000)
運転履歴 自動記録(リアルタイムモニタリング) なし
寸法、重量 W 710 mm × D 860 mm × H 1,200 mm, 290 kg W 710 mm × D 860 mm × H 1,160 mm, 264 kg
電源 単相200 ~240 V, 50/60 Hz, 30 A 単相180~264 V, 50/60 Hz, 24 A

ご質問・ご購入相談・見積依頼

お気軽にお問い合わせください!